管轄センターも必死?

今年の生徒募集&進級登録は本当に不振です。A社では全国的にそうだという話も聞きます。それを証明するように、今年は管轄地区センターのセンター長からの電話がやけに多いのです…。昨年、一昨年は募集時期だといっても、ほったらかしにしてくれていたのに。

「先生、今週のレポートが未提出ですよ」
「このレポート、数字が矛盾してます」
「進級登録を迷ってる人へのご案内はどのようになってるんでしょう?」
「新規でお問い合わせのあったRさんの無料体験はいつやるんですか?」
「新しく開講する漢検コースと計算コース、在籍生に再度PRしていってください」
「広告の新聞折り込みも1回くらいやってくださいよ」
こんな具合で、週に2回くらいプッシュされているのです。

開講初年度は、前のセンター長が手取り足取り面倒を見てくれて、私の方もやる気十分でしたし、わからないことだらけでしょっちゅうセンターにお電話していましたが、2年目以降になると放っておかれるのが普通かと思ってました。今年は新規開講の教室も2教室だけで、センターも暇なのかしら?

しかし、私は今までどおりマイペースでいかせていただきます。「お金と労力を使ってアピールしようがしまいが、入る人は入るし、やめる人はやめる。続ける人は続ける」をモットーに!

スポンサーリンク