教室チラシの新聞折込

前回はチラシ作りについて書きましたが、作ったチラシをどう活用するのか?お金はかかるけれど、時間と体力を使わなくて良いのが新聞折込です。折込料金は新聞によっても異なりますが、だいたい1枚につき4円前後ですから、1000枚折り込んでもらうと4000円程度かかることになります。

この方法での反応はというと…1000枚の折り込みにつき1件あるかどうかでしょう。「折込広告を入れたら、電話が鳴りっぱなし」なんていう状況は、期待しないほうが無難です。私も初めて折込広告を入れた日には、一日中家にいて電話を心待ちにしていましたが、結局一本も鳴りませんでした。

でも、即反応がないからといって「無駄だった」と落ち込む必要はありません。「○○町にこんな教室があるんだわ」というアピールにはなったはずですので「最近、息子の英語の成績が下がってきた」「娘が英語を習いたいと言い出した」という状況になったときに、自分の教室を思い出してくれるかもしれません。

「長い目で見た投資」だと考えて、新しく開講する際には数回折り込んでみるといいと思います。講師の自宅で開講する場合、興味を持ってくれた人でも「普通の家庭に突然電話って、しにくいわ」なんて迷っているかもしれません。でも大々的にチラシが折り込まれていたら「問い合わせ」もしやすいのです。

スポンサーリンク