学校前でのチラシ手配り

学校や幼稚園前でのチラシの手配り。寒い時期は大変ですが、これも新規開講の時には、一度はやっておいたほうがいいと思います。

私も初年度は最寄りの小学校前で2度、隣町の小学校前で1度行いました。そのうちの2回は、管轄地区センターのスタッフが「先生、来週あたりそちらへ伺ってチラシの手配りをお手伝いしたいんです」と、私が要望したわけでもないのに来てくれました。とにかく、新規開講の先生に対しては、センタースタッフもとてもよく面倒を見てくれるんです。

しかし、実は私、学校前での手配りは好きではありません。最寄の小学校の正門前には「ドブ」があるのですが、チラシをもらったそばから「ドブ」へ投げ捨てる小学生も多いのです。捨てられたものをそのまま放っておいては、教室のイメージダウンにつながりますから、帰りぎわには道路にひざまずいて、臭いドブに手を突っ込んで拾ってまわります。情けなかったですね。

でも、喜んでチラシをもらってくれるかわいい小学生も、もちろんたくさんいますし「私がこの教室の先生ですよ」という、顔見せの意味でも重要です。表情や服装については、くれぐれも明るく優しい印象を与えることが大切です。センターの男性スタッフが全身黒のスーツで学校前手配りをしていたら、学校の先生に「不審者」として警察に通報されたことがあるそうですので…。

スポンサーリンク