早く着きすぎる生徒

春休みです。新年度に向けての準備で、仕事量はいつもより多いくらいなのですが、やっぱり時間を拘束されないというのは開放感がありますね。「4時半からレッスンだ!」と思うと、なんだか一日中バタバタ落ち着かないものです。遅いと9時過ぎまでレッスンがあるので、その後いただく夕食も、温めるだけで済むように昼間に作っておかないといけないし。

時間といえば開講当初は、レッスン開始時刻よりずいぶん早く生徒を連れてくる保護者の方の対応に悩んでおりました。30分前とかもよくありましたね。ボランティアの託児所じゃないのに…。

開講2年目からは玄関にイスを置いて、本やぬいぐるみなんかも常備して「待合室」らしきものを作っています(田舎の昔の家なので、玄関といえどもけっこう広いのです)。

そしてお約束として
「教室入室はレッスン開始の10分前以降です」
「それまではこの待合室で保護者同伴でお待ちください」
と書いたプリントを入学時に配布し、待合室にも掲示してあります。そして10分前までは、玄関から先へは入れないよう、鍵もかけてあります。

「感じ悪いかな~」と躊躇したこともありますが、やっぱり自分の時間の確保ができないとストレスが溜まって、早く来た子に「イライラ」してあたってしまうかもしれませんからね。このシステム、かなり機能しています。

スポンサーリンク