講師のテンションの移り変わり

私の所属するフランチャイズの英語教室は、市内に6教室あります。一番ベテランが私より1期上の先生。続くのが私と同期の先生の2名、その翌年に開講した先生が1名、昨年開講の先生が1名、今年開講の先生が1名です。いつの間にやら、私たちも先輩なわけです。

先日、スーパーで偶然、昨年開講して2年目のN先生とお会いして「1人でやってると『本当にこれでいいのか?』って迷うことも多くて。ぜひ、市内の先生方とお茶しながら語り合う機会を持ちたいんです」とおっしゃってました。「私はいつでもOKですよ」と言っておいたのですが、ほとんどの先生はお子さんがいて、夏休み中は昼間に自分一人で出かけるのは無理ということで、延び延びになってました。

そして今日ようやく、N先生から私の同期のO先生のところへ「集まりませんか?」というメールを送られたようです。そのO先生から私にメールが届いたのですが「N先生がこんなこと言ってるけど…どうする?何の話をするのかしら?」と、どうもO先生は乗り気じゃない様子です。

私たちの開講1年目なんかは、このO先生が「市内の教室合同でパーティーやりませんか?」なんて、率先して企画する人だったんですけどね。そのころの私は「とんでもない仕事を始めちゃったかも?」と鬱っぽかったので、あまり乗り気になれなかったんです。ほんと、申し訳なかったです。

だから、今回「なんで集まる必要があるの?」とあまり乗り気じゃないO先生の気持ちも理解できるんですよ。「私はとくにレッスンで悩んでることもないし」って言ってたから、一人で淡々と進めていたい時期なんでしょうね。

でも、N先生の「先輩にいろいろ相談したい」気持ちもよくわかる。なかなか全員のテンションが揃うのって難しいですね。お茶会、実現するのでしょうか?

スポンサーリンク