急な入学希望者

明日から冬休みの予定でしたが、急遽短期コースを開講することとなり、嬉しいのやら、しんどいのやら…。

現在中学3年生の子のお父様から突然問い合わせがあったのですが、お子さんは1月中旬に高校の推薦入試があるそうなのです。で、英語の問題形式を調べていたところ、会話文中心にリスニングや筆記が出題されるのだとか。それで冬休み中になんとか集中して受講できないかとおっしゃるのですが、4月開講のレギュラーコースは週1回、しかももう冬休みに入るので、きっと1回の受講くらいで入試を迎えてしまいます。

そこで私の提案したのは「入学金不要・教材費数百円」の英検3級コースです。1回90分のレッスンが計4回で終了し、授業料も数千円で済みます。こんな急な申し込みに対応できるのは、当校にはこのコースしかないのですが、お父様は
「そのコースを90分じゃなくて倍の3時間にできないものか」
「それが無理なら90分を4回じゃなくて8回に増やせないか」
「そのコースの教材だけじゃなく、先生の判断で市販の教材も教えて」
「フランチャイズの本部での決まりがあるというなら、私が個人的に先生に家庭教師をお願いしたということにしては?」
などなど、かなりあせっている様子…。

どの提案も無理です。私たちはA社との契約の際、契約書のほかに「A社のフランチャイズとしての教室以外の英語教育活動を禁止する」ような内容の誓約書にも印鑑を押さされているのです。
「A社の名前を使って募集した生徒は必ずA社の生徒名簿に入れること」
「教室閉鎖後も2年間は同じ場所で英語を教えないこと」
「A社の教材以外で教えないこと」
「講師の同居家族がA社以外で英語教育を行うのを禁止」
などなど、事細かに。

そのお父様にも「最悪の場合、A社に裁判を起こされる可能性もありますので」と丁重にお断りしました。「まあ、あまり無理を言うわけにもいかないから」ということで、とりあえず明日、英検3級コースの手続きにいらっしゃる予定です。しかし、このお宅の場合は本当にいらっしゃるのか不安もあります。なぜ不安かについてはまた後日…。

スポンサーリンク