新開講の計算コース

今日は初めての「計算コース」の授業があります。今年度から新たに開講しました。もともと数学は大の苦手だったのですが、開講を決めてからは小学6年生の算数の問題集を購入して解きまくりました。すっかり忘れてたことも多くて大変でした。

でもプリント学習なので、先生はラクです。生徒がプリントを解いていく中で、全く理解してくれない時にどう説明するかが腕のみせどころなのですが、いまのところそれはなさそうです。なぜかというと、今日レッスンのある2人の入学レベル判定テストの結果、本部の決定した開始レベルはなんと1学年以上下の内容からなのです。私の見たところ、2人とも「まあまあできてるじゃないの」と思ったのですが、今春小3になったSくんは小1の3学期の内容から、今春小5になったYちゃんは小4の一番最初の内容から始めるようにとのこと。

そのレベルのプリントばかりを本部から送ってきたので、とりあえずそこから始めるしかないのですが、やっていくなかで「やっぱり簡単すぎ」と講師が判断したらペースを速めてもいいらしいので、そのつもりでどんどん進めていくつもりです。小3の子に繰り下がりのない引き算からやらせるなんて、保護者から「バカにしてるの?」と思われそうですし。やっぱり今、学校で習っていることと平行してやっていくのが効果的だと思います。

スポンサーリンク