やんちゃな転入生

今日は他県からの転校生がやってきました。「1月に、うちの教室からそちらへ移る生徒がいます」というご連絡を、前の教室の先生からいただいていたのですが、すっかり忘れていて、昨夜お母様から「明日から行きたいんですけど」とお電話があり、バタバタと準備をしました。

その転入生というのが小学2年生の男の子なのですが、なんともまあ「やんちゃ」です。しかも、今まで習ったことをほとんど覚えていません。彼の成績表(前の先生がつけたもの)を見てみると、ほとんどが「がんばりましょう」の△印なのです…。

宿題やワークブックもアルファベットの形がめちゃくちゃで、それでも前の先生は○をつけているので、きっとこの子に関してはあきらめていたのでしょうね。私の教室では、授業態度や宿題については、入学したときからかなり厳しく言っているので、こういうタイプの生徒に出会ったことがないのです。

今日、彼に受けてもらったクラスというのが、先週、私が落ち込んでいた「熱意のない」生徒、Tくんのいるクラスなのですが、この転入生のおかげで落ち込む暇もなかったです!Tくんなどは、ずっと扱いやすい生徒に感じられました。

転入生の彼、Mくんは、どうもこの金曜クラスの空気になじめそうにないということで、お母様は「もうひとつ木曜に同じレベルのクラスがあるって聞いたので、そちらにします」と言われました。そのほうがまだましだと、私も思います。でも、木曜クラスは明るくて楽しいけれど、みんなまじめでやる気があるので、Mくんを野放しにしてクラスの士気を下げるようなことだけはないよう、私もがんばって指導していきます。

スポンサーリンク