進級か退学か

今日のクラスには進級を迷っている生徒がまだ2人もいるので、最終確認をしておかなければなりません。「もし進級希望でしたら、来週が最終レッスンですから、登録書と費用をご提出くださいね」と、あくまでもやわらかく。さて、どんな結果となることでしょう…。

その2人のうち、1人の女の子は「私、ずっとここに来るよ」と、よく言ってくれてる子なのです。優秀だし、とてもかわいい子。でもその子のお兄ちゃんが「どうしようかな」と決めかねていて、保護者としては「片方がやめたら2人とも」となってしまう場合が多いんですよね。

子どもの習い事ひとつとっても、費用とか、送り迎えとか、宿題のフォローとか、保護者の方にはいろいろ負担も多いので、本部の作成した教室運営マニュアルどおりに「プッシュ、プッシュ」ということは、私にはなかなかできません。私がもし保護者の立場で「もういっぱいいっぱい」というときに、しつこく勧誘されたら腹が立って、よけいその教室がイヤになってしまいます。

押しの弱さが私の欠点であることは自覚してるんですけれど。

スポンサーリンク