生徒のおめでた

大人のクラスの42歳のご夫婦は、わざわざ1時間もかけて通ってくれている、特異な生徒です。そもそも、なぜわざわざそんなに遠いところから私の教室を選んでくれたかというと、奥様とうちの母が仕事仲間で仲良しだからなのです。なので、奥様と母の間のコミュニケーションの方が、私との間のコミュニケーションよりずっと多いです。

そんな中、昨日、母が「Aさん、子供ができるのよね」と私に話しかけてきました。ええっ?初耳ですわ…。母は「あらっ?あなたには言わなかったの?4ヶ月だそうよ」とベラベラしゃべってくれました。Aさんご夫妻にはずっと子供ができなくて、治療していたのは聞いていましたが、なんと、42歳で初産ですか!すごく欲しがってたし、おめでたいことです。

ただ、Aさんが私に直接話していない以上、まだ何も聞いていないフリをしたほうがいいのかしら?でも、母との間の会話で「この前、娘にも話したわよ」とAさんが知ったら、私が「おめでとう」さえ言わないのはおかしいですし。母は自分の聞いた噂話でも何でも人に話すのが趣味なので、フライングで困ってしまいます。

しかし、これでまた大人のクラスが2名減って、残るは女子高生1名になるのかな…。ご主人1人だけで、わざわざ1時間もかかるところへ運転して来ないでしょうしねえ。

スポンサーリンク