生徒の反乱にあう怖い夢

昨夜は怖い夢を見ました。

開講当初、いえ、開講以前から通ってくれている(私はA社と契約する前は個人で半年ほど教えてたので)兄妹が、突然「今日でやめる」というのです。しかも全くわけのわからない理由で。その2人に関しては、毎年の進級登録も一番乗りで安心しきっていたので、ものすごいショック…。そしてその日は、お兄ちゃんの方のレッスンを行っているという設定になってたのですが、その日に限って、いつもは叱らないようなささいなことで、お兄ちゃんをめちゃくちゃ叱っていたので、後悔の念もすごかったです。しかもそのクラスの授業を行うにあたっての予習を、私が全くできていなくて、当然生徒たちは集中してくれません。挙句の果てに、お兄ちゃんは気づかない間にお母さんが迎えにきて早退してしまってるし、他の生徒たちも裏のお寺へ遊びに行ってしまって、教室には私ひとり残されているというお話。

ああ、夢でよかった!これは「生徒を大事にしなさい」「授業には万全の準備で臨みなさい」という自分への戒めだったのでしょうか?確かに、昨夜は「新年度の準備、このままじゃ間に合わない」と思いながらもさっさと寝てしまったし、寝る前に「今年度は1人クラスが多くなってしんどいなあ」と考えながら目を閉じていたのです。本当に夢って不思議です。

スポンサーリンク